はじめての住まいづくり講座 NO16

皆さんこんにちは!すまいポート21の田羅間です。

最近建売住宅と注文住宅どっちがいいんですか?とよく聞かれることがあります。

正直どっちがいいですと明確な答えは出しづらいというのが本音です。なぜかというと住宅自身よりも住宅を購入する側に起因することが多いからです。

 

まず建売住宅とは、土地と建物がセットとして販売されており土地購入=建物付きとなります。最近では、売建(建築条件付)と言って建物はフリープランで建てられますというケースもあります。また大型分譲地においては、名だたるハウスメーカーの建売物件なども見受けられます。

建売のメリットは?

  • 建っている家を見ることができる。(売り建ては別)
  • 土地とセットなので価格がはっきりしていて、比較的割安感がある。
  • 設備等も統一されており、比較的最新設備が備えられている。
  • 購入後すぐに入居が可能 など等

建売のデメリットは?

  • 間取りが決まっていて変更できない。
  • 仕様を変更することができない。(売り建ては一部別)
  • 気に入った土地でないと購入できない など等

注文住宅のメリットは?

  • 間取りが自由に決められる。
  • 設備や仕様も自分の希望をかなえられる。
  • 自分だけのオンリーワン住宅を建てられる。など等

注文住宅デメリットは?

  • これから建てるので、契約前に確認できない。
  • 最終価格がはっきりしない。
  • 工期がかかり入居は先になる。など等

以上のようにそれぞれメリットデメリットがありそれが購入する側に大きく起因するため、どっちといっても言いずらいという事になります。

例えば、予算が土地建物で3000万という方に2000万の土地に1000万の注文住宅といってもかなり無理が出てきます。また自分で色々決めるのは面倒という方に注文住宅は難しいでしょうし、すぐに入居したいという方にも注文住宅は難しくなります。逆に建売の場合も間取りを変えたいとか、仕様を変えたいといっても無理が出てきます。

ここでポイント

建売住宅にするか注文住宅にするかは、まず下記事項をしっかりと決めてから進めましょう。

  • 予算を決めて土地と建物の配分もある程度決める。
  • 希望のエリアの建売物件を確認し、自分達に合った建売物件があるか確認する。
  • 家族で話し合い、建売(今ある物件)をさがすのか?これから1年かけて注文住宅をじっくり進めていくのか?を決める。

以上を最初に確認してから、建売にするか?注文にするか?決めましょう。

 

 

すまいポート21では、地域の情報に精通した土地ナビゲーターが皆様の希望エリアをしっかりと把握し、いち早く皆様方にご提供しています。

相談は無料です。ぜひ一度ご相談ください。相談をご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。