建て替えか、リフォームか?

涼しい日が続いていましたが、昨日今日とまた夏日に戻ってしまいました。
体調を崩さないように気を付けましょう。 田羅間です。

築年数が経ってくると、家のそこここが傷んできて、手を加えないといけなくなります。
そこで「我が家もいよいよリフォームか!」となるわけですが、水回りの取り換え、壁や床の張り替えなど
やりたい箇所は次から次へと出てきます。たとえば壁紙にしても一部屋だけ張り替えると、ほかの部屋の
壁がとっても汚れて感じてしまうので、いっそのこと家丸ごと張り替えか?となります。
そんなこんなで予算がかさんでしまい、それならいっそのこと建て替えたほうがいいのでは?という考えに至ります。しかし、建て替えとなると解体費がかかりますし、 建て替えている間の仮住まいも必要です。

リフォームは一度だけでは済まないと言います。直した部分とそうでない部分に時間差が生まれるので
順繰りに修繕は続くわけです。ただ、一度にかかる費用が建て替えよりもだいぶ抑えられるので、手が付けやすい。けれど、終わりがないので、結局、長い目で見ると総額は膨らんでしまします。

建て替えとなると、ローンを組む必要が出てくる場合も少なくありません。建て替え時期が若いうちであれば、建て替えはお勧めですが、最初に建てた家を30年後に建て替えるとなると年齢の関係で単独でローンが組めない場合があります。もちろん、自己資金があれば問題はないのですが。

そんなわけで、建て替えにするか、リフォームにするか、で迷っている方、一度すまいぽーと21の建築相談を受けてみてください。きっと、よい選択が見つかると思います(^^)/