リフォームセミナー

こんにちは!すまいポート21の田羅間です。
今日は、先日開催しました『リフォームセミナー』の内容を少しお伝えしたいと思います。セミナー開催したのはだいぶ前ですが(笑)
① まずリフォームをする前に、リフォームでやりたいことは?なぜリフォームするのかの原因と目的を考えましょう!
例えば、バリアフリー工事をしたい。なぜバリアフリー工事をするのか?高齢の親御さんのために、トイレまでの長い廊下や家の中に手すりをつける。このように目的を達成するためには、現状をどう見直すのかと踏み込んだ検討をすることが大切です。
② 次にリフォームする部位ごとのポイントと注意点について
例えば外壁の塗装工事ですが、ポイントとしてはどのような塗料を選ぶかが重要になってくるかと思います。塗料によって耐久年数がかわってきます。ただ良い塗料は少し高いのでそこは注意が必要です。このようにリフォームする部位によって、ポイントや注意点がありますので、事前に調べておきましょう。
③ リフォーム工事の際のよくあるトラブル
一番よく聞くトラブルは『工事に不具合がある』でした。雨漏り、外壁にヒビ内装の汚れ建具作動不良など。原因は技術不足による施工不良、無理なコストダウンによる品質の低下 など。こういったトラブルを少なくするためには、
トラブル回避例① 施工業者を吟味する。
リフォームは、腐食した部位や新しい部分と既存部分の取り合など熟練技術が必要です。
また、技術以外でも会社の体質がルーズだと工期が遅れたり、近隣トラブルの原因にもなります。自分リフォーム工事内容や価値観合う会社を選ぶようにしましょう。判断の難しい依頼先選びですが、チラシや訪問営業では、会社の質が不明です。吟味方法ですが、相見積りをとり、提案内容や素材価格を確認したり、期限を守るかなどの対応の質も見極めましょう。
トラブル回避例② 専用ノートの作成 (言った言わないにならないように)
打ち合わせ記録は必ず記入して、お互いに所有しましょう。見落としがちな電話の記録。現場の立話。日付、担当者名を必ず記録しておく。
トラブル回避例③ 依頼先の特徴を知る
リフォーム会社とひとくちにいってもたくさんあります。大手リフォーム会社はノウハウがあり、施工実績が多く、大規模なリフォームが得意だったりします。工務店は大規模リフォームから細かい工事まで請け負い、小回りが利きます。設計事務所系はデザイン力・提案力があります。こだわる人にはいいと思います。このようにリフォーム会社も色々あります。1社で決めずに比較・検討して、自分にあっているか?自分が求めていることを叶えてくれる依頼先かどうか?価格は妥当か?複数社候補を選ぶようにしましょう。

いかがでしょうか?これからの季節、涼しくて過ごしやすくなってきますのでリフォームを計画される方も増えてくるかと思います。何かお困りごとなどございましたら、ぜひご相談ください。
すまいポート21アミューあつぎ 田羅間